mv_img

指定介護老人福祉施設

特別養護老人ホームこぶし荘

常時介護を必要とし、ご家庭で介護を受けることが困難な方が、
日常生活に必要な介護サービスを受けながら明るい雰囲気の中、
長期に渡り入所していただく施設です。

TEL.0238-49-2800

FAX.0238-49-2802

受付時間/8:30~17:30

sv_img
kobushisou
kobushisou

利用できる方

市町村より要介護3~5と認定された方が入所できます。
ただし、やむを得ない事由がある場合は要介護1・2の方も入所が認められる場合がございます。なお、お住まいの市町村は問いません。

サービス内容

services

食事

管理栄養士による献立と、施設内で調理した温かい食事、そして誕生会メニューや選択メニュー、四季折々の素材を生かした食事をお楽しみ下さい。

services

健康管理

嘱託医師、看護師による健康管理と協力病院・協力歯科体制により健康に配慮した生活をお送りいただけます。

services

ケアプラン・リハビリ

介護支援専門員が入所者様とご家族様の希望により、介護サービス計画を作成し適切なケアやリハビリを行います。
また一般浴・機械浴や車椅子浴槽もあります。

services

入浴

入浴は週2回身体の状況に合わせて行います。

理容

第1と第3水曜日の月2回、理容師が来荘いたします。

協力医療機関との連携

社団医療法人 公徳会 佐藤病院
公立置賜南陽病院
公立高畠病院
阿部歯科医院
ごとう歯科医院

年間行事

毎月の誕生会や歌・踊りの慰問をはじめ四季折々の行事を計画しております。

4月

お花見

5月

新緑バスハイク

6月

新緑バスハイク

7月

七夕祭り

8月

9月

敬老会・秋彼岸供養

10月

秋祭り

11月

紅葉バスハイク

12月

クリスマス会

1月

お正月・だんご下げ

2月

節分豆まき

3月

ひな祭り・春彼岸供養

people
people
events
events
events
events
events
events
events

利用料金

  • ご本人の要介護度、選択サービス及び負担区分段階により決定されます。

要介護度別負担金+選択サービス
+食費+居住費/日額

  • 日常生活費用 … 貴重品管理料、テレビ持込料、その他医療費などの実費
  • 所得の状況により「社会福祉法人減免制度」の利用や「生活保護法」の介護扶助もご利用できますのでお気軽にご相談下さい。

※詳しくは「利用料金表」をダウンロード下さい。

入所までの流れ

ご見学

見学ご希望・入所のご相談は、お電話又は お問い合わせフォーム よりお申込みください。

people

お申込み

入所申込書は、こぶし荘事務室に設置しております。入所申込書をご記入頂き郵送又は直接お持ち下さい。
なお、状況確認のためご連絡又は面接をさせて頂く場合がございます。

people

入所選定委員会

入所決定

入所申込書を基に入所の優先性を総合的に勘案し、入所順位が決定されます。
施設の空き状況により入所決定の連絡を致します。

ご契約
ご入居

ご本人・ご家族様にご利用にあたってのご契約をいただきます。
また施設での諸事に関するご説明をいたします。

people

さあ 施設での生活のスタートです

people

施設での
生活

生活相談員、看護師、ケアワーカー、栄養士、嘱託医など専門のスタッフが日常生活のお手伝いと介護をさせていただきます。ご家族の皆様も施設行事へのご参加をお待ちしております。

ケアの方針

明るく家庭的な雰囲気の中、専門のスタッフが出来るだけご希望に沿ったサービスを提供しています。
食事は、管理栄養士による献立と、施設内で調理した温かい食事、そして誕生会メニューや選択メニュー、四季折々の素材を生かした食事を提供しております。健康管理は、嘱託医師、看護師による健康管理と協力病院・協力歯科体制により健康に配慮しています。
ケアプラン、入浴、個別リハビリなど介護支援専門員が入所者とご家族の希望をお聞きし入所者にあった介護サービス計画を作成し適切なケアやリハビリを行います。
またストレッチャーや車いすで利用できる浴槽での入浴を行っています。
年間の行事としては毎月の誕生会や歌・踊りの慰問をはじめ四季折々の行事を計画しております。

ケア対策

ケア体制は「棟毎ケア方式」により、“集団ケア”から“準個別ケア体制”の確立を目指します。
多床室は、幅広い所得階層の方に安心してご利用いただけるという大きなメリットがあります。
こぶし荘が「生涯生活の場」として、地域の皆様に愛される施設となるようこれからも努力してまいります。

安心・安全

中央部にコントロールセンターとなるケアワーカーの事務スペースを配置し、3つの居住棟に目が届くように計画。入所者の方をケアしやすくなるよう配慮しました。
木の建物が持つ、断熱性や安らぎの効果が、快適な居住性を生み出します。

移住性への配慮

入所者の方が毎日を快適に過ごせるよう、居住性に配慮しています。
【食堂】
建物中心部にある食堂には皆が集い、会話などをしながら楽しい食事の時間を過ごせます。
【居室棟】
居住棟を3つに分散することにより、採光と風通しの良さを実現しています。

guide
guide
guide
guide
guide

スタッフの声

加藤強平

[介護福祉士]

私は人と接する仕事に興味があり、介護職に挑戦いたしました。
利用者様も職員も、皆フレンドリーな人間関係ができており、冗談も悩みも気軽に言い合えるところがこぶし荘の魅力です。

subimg
subimg

近野みどり

[看護師]

看護師として、利用者様の健康管理を行なっています。
体調に関する異常の早期発見に努め、できるだけ早い段階で必要な治療につなげていけるよう、他職種との連携を大切にしながら仕事を行っております。
こぶし荘は豊かな自然に囲まれ、四季折々の移ろいが感じられるところが魅力です。明るく家庭的な雰囲気の中、専門のスタッフが出来るだけご希望に沿ったサービスを提供していけるよう頑張っています。

subimg
subimg

鈴木 麻香

[調理師]

衛生面に配慮し、入居者様においしく食べていただけるよう、味や見た目に気を配っております。第二の家となるような家庭的で喜んでいただけるおいしい食事を作りつづけていきたいと思います。
正月や大晦日など季節ごとの行事食や、毎月の誕生会メニューやめんの日もあり、それぞれいつもとは違った食事が楽しめます。また地元の食材を多く使用しているので安心して食事ができます。

subimg
subimg

充実のサービス